HOME 当会について セミナー案内 会員申込 メンバーログイン

がん医療研修機構 当会について

ごあいさつ
役員
会則
お問い合わせ
当会への支援企業


ご挨拶

 

NPO法人がん医療研修機構は、がん医療に従事する薬剤師、看護師、医師、その他のメディカル スタッフが一体となってがん医療の質の向上に貢献することを目的として、2006 年に発足いたしました。

わが国では、がんによる死亡が病気による死亡のトップとなっています。このような背景のもと、がん対策基本法が 2006年6月に可決、2007年4月に施行され、文部科学省ではがんプロフェッショナル養成プラン、がんプロフェショナル養成基盤整備プランの具体化、厚生労働省では都道府県・地域がん診療連携拠点病院を指定するなど、活発に対策が行われています。しかし、がん医療を実際行う薬剤師、看護師、医師などのメディカルスタッフに対する教育は、一定のカリキュラムに基づき行われているものの、充分とは言えない状態です。

当機構では、薬剤師、看護師、医師のメンバーが一丸となってプログラムを作成し、がんのチーム医療に関する最新の知識について研修を行っています。年2 回開催しているオンコロジーセミナーへの出席は、がん専門看護師、認定看護師の更新ポイントになりますし、日本緩和医療薬学会、日本薬剤師研修センター、日本医療薬学会による単位交付の対象にもなります。今後、薬剤師、看護師を対象としたさらに専門的な研修活動や、MA・MSR / MR対象の勉強会も手掛ける予定です。現在休止している海外視察研修も復活させたいと考えています。

当機構は会員組織で運営されています。会員にとって有意義な機構であるべく努力いたします。 薬剤師、看護師、MA・MSR / MRのみなさま、ぜひご入会いただけますようお願いいたします。また、当機構の活動の趣旨にご賛同いただきご協賛いただける団体、企業のご参加を心よりお待ち申し上げております。みなさまの温かいご支援をお願いいたします。

NPO法人 がん医療研修機構
理事長 谷川原祐介
(慶應義塾大学医学部臨床薬剤学 教授)