HOME 当会について セミナー案内 会員申込 メンバーログイン

がん医療研修機構 セミナー案内

セミナーTOP
終了したセミナー
がん医療研修機構座談会
「日経メディカルCancer   Review」2006.4より掲載

【PDF】392kb
がんのQ&A
用語解説


 第3回オンコロジーセミナー

第3回オンコロジーセミナー
主催:

NPO法人がん医療研修機構 

日時:2007年3月17日(土)
場所:灘尾ホール(東京・虎ノ門)- 定員 350 名程度
アクセスマップ
http://www5.cao.go.jp/2000/c/1019c-volunteer/map.html
参加費:一般 ¥8,000   会員 ¥4,000
後 援: 日本医師会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会、
日本病院薬剤師会、東京都病院薬剤師会、日本薬剤師会、日本薬学会、日本医療薬学会、 日本がん看護学会、日本放射線腫瘍学会、日本放射線技師会、日本臨床衛生検査技師会

■ プログラム
 
9:25-9:30 開会挨拶
(1)

パネルディスカッション
チーム医療からみた がん化学療法 クリニカルパスの現状と将来
―院内、外来、地域連携パスを考えるー

 
【司会】岩本喜久生 (島根大学)
9:30-9:55
看護師の立場から 村木泰子 (武蔵野日赤病院)
9:55-10:20
薬剤師の立場から 井上忠夫 (聖路加国際病院)
 
【司会】塚越 茂  (がん医療研修機構)
10:20-10:45
医師の立場から  小西敏郎 (NTT東日本関東病院)
10:45-11:10
パネルディスカッション(全講師)ーーー質問にお答えします
 
【司会】塚越 茂  (がん医療研修機構)
11:30-12:10
(2)
特別講演 放射線化学療法の実際
唐澤克之  (都立駒込病院)
どのようながんに、どのように行われているかの総論、また、チーム医療としてどのような職種が関与しているのか。副作用対策など。
【司会】小西 敏郎 (NTT東日本関東病院)
12:30-13:30
(3)
ランチョンセミナー 島田安博 (国立がんセンター中央病院)
大腸癌標準化学療法の実際―FOLFIRI/FOLFOX療法の臨床導入―
【司会】浦部晶夫  (NTT関東病院)
石岡千加史 (東北大学)
渡邊真理  (神奈川県立がんセンター)
 
(4)
がん治療ガイドラインの解説と応用
13:40-14:00
乳がん治療ガイドラインの基礎―読み方・解き方・使い方―
鈴木育宏  (東海大乳内分泌外科)
14:05-14:25
乳がん治療ガイドラインの応用―読み方・解き方・使い方―
宮田広樹  (日本医科大学付属病院)
14:30-14:50
乳がん患者の不安に応える― 乳がん看護認定看護師の立場から ー
金井久子  (聖路加国際病院 乳がん看護認定看護師)
【司会】南 博信  (国立がんセンター東病院)
 
(5)
がん治療薬の最新情報と副作用対策
15:10-15:40
1
ベバシズマブ(アバスチン)
島田安博  (国立がんセンター中央病院)
15:45-16:15
エルロチニブ(タルセバ)
後藤功一  (国立がんセンター東病院)
【司会】岡元るみ子 (東京都立駒込病院)
16:30-17:00
(6)
緩和医療〜コミュニケーションスキル
木澤義之  (筑波大学)
17:00-17:05 閉会挨拶